プロフィール

chaki

Author:chaki
2006年8月28日生まれのゴールデン(♀)「モモ」の日常をつづります。
2011年9月までの記録は旧「ゆうるりMon's Diary」に掲載しています。

最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
来訪者数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
facebook
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルバム(蒜山/大山)――モモなし

 

8/2~8/3とモン母恒例の社員旅行でした。

 

01

 

Nikonにメインカメラの座を奪われたK200に新たな地位を与えるため、格安レンズを中古で購入(16mm~45mm/F4 2003年)

わずか2mmとはいえ、画角が広がりましたよ♪ (あ、でも、あんまり16mmいっぱいで撮る被写体ってないですね(涙))

 

01_2

 

モモは登場しません。

アルバム代わりに以下に残しておきます。

 

 

 

↓ いやいや、これは16mmないと収まらんやろ、とか……失礼やな(笑)

02

 

行き先は岡山県の蒜山(ひるぜん)高原。

ジャージー牛からとれるジャージー牛乳、ジャージーヨーグルトが、こちら地方では有名です。

 

脱走を試みるジャージー牛↓ まあねえ、この先の運命、決まってるからねえ、せつない。

 

03

 

乳搾り。行くまでは「ふ~~~ん?」と思ってましたけれど、意外にみんな萌えてました。

 

04

 

ひまわり畑。

05

 

秋にはコスモス畑に変わるらしく、ひまわりの中にぽつんとコスモスも咲いています。

 

06

 

 

 

07

 

「こってり」と表現される、ちょっと暑苦しめの色乗り。

 

08

 

宿泊先は「蒜山休暇村」。部屋から見た景色。料理は味もボリュームも大満足。とてもいい高原でした。

 

個人的には試写を兼ねての旅行でしたので――

 

09

 

隙をぬっってはパシャ、パシャと。

 

04

 

 

14

 

 

翌日は大山(だいせん)に足を伸ばして。

 

01

 

腕のせいか、レンズが暗いせいか、ちょっと曇るとどうにもならないのが辛いです。

 

02

 

 

 

03

 

 

 

05

 

撮ってるうちに、お、これはこれでいいかも? と自己満足してくるところが、カメラのおもしろさですね。

 

06

 

 

07

 

08

 

 

 

09

 

大山寺です。

 

10

 

 

11

 

あ、写真だけ撮って、仏さん、なでてくるの忘れた……(^^;)

 

12

 

 

13

 

 

と、こんな感じの楽しい夏旅行でした。

最後まで見てくださった方、もしいらっしゃったら、ありがとうございます♪♪♪

Comment

見たえ見たえ??

まだまだじゅーぶんイケてるじゃないの、ペンタ。
ヒマワリなんてコントラストがぐっどですよ♪

だいせんって険しいのね、初めて見たかも。
ちなみに神奈川県の方はみーんな、「大山」って書くと「おおやま」って呼びます。
霊峰大山(おおやま)ってのがあるんですよ。

No title

7/24早朝に行きました。 西脇工業などの高校生の合宿の朝の祈願に登ってきた所で遭遇しました。
6:30前だったので ラジオ体操に集まった小学生にも遭いました ♪

No title

わぁ!!懐かしいです!!
中学校一年の時、家族旅行で蒜山高原、蒜山国民休暇村に行きました☆

秋吉台の秋芳洞、出雲大社、鳥取砂丘・・・
せわしない(笑)父の行きたいところを
家族大移動で必死で駆けめぐった思い出があります(笑)

そうそう、脱走したそうなジャージー牛はその頃にも居て
幇助?!しようとして父にドヤされました(笑&涙)

懐かしいなぁ~・・・
こんなに鮮やかなカラー写真なのに
どこか郷愁をかき立ててくれるのはペンタックスの
人間味のあるレトロ感でしょうか・・・?

わぁ~・・・ほんと懐かしいです~
すみません、自分の昔の思い出ワールドにひたってしまい・・・(汗)

コメント、ありがとうございます♪

☆ぽろんぱぱさん
 お返事遅くなりました。

>まだまだじゅーぶんイケてるじゃないの、ペンタ。

 でしょ、でしょ? だからこそ、中古とはいえ、レンズ買い足したんだも~~~ん(^o^)
 これも自己満足なんだけれど、なんとなく表現がちがう…かも…???

 大山は険しいですよ、すぐ横がスキー場になってます。
 西日本ではいちばん本格的じゃないかな?

 大山(だいせん)も蒜山(ひるぜん)も難読地名ですよね。
 おおやま、のほうが普通だと思います。

☆ログの大好きな徳さん
 たぶん、どなたかのブログとまちがえて、コメ残されたんですね。
 このあと、目的の方のブログにたどりつけてるといいんですが……。
 あ、それともひょっとして、大山か蒜山に行かれたのかな?

☆koha*さん
 おお、そんなに感激していただけるとは(笑)!

 蒜山、大山、鳥取砂丘、行きますよねー、私たち。
 我が家は丹後半島とか、日本海側に行くことが多かったので、
 子どものころは西にはあまり行かなかったんですが、
 いまの会社(所在地:神戸)に入ってから、何度か訪れています。

 懐かしいのは、たぶん、じっさいに変わってないからじゃないでしょうか。

 だって、変わりようないですもんね~山だもん(笑)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。