プロフィール

chaki

Author:chaki
2006年8月28日生まれのゴールデン(♀)「モモ」の日常をつづります。
2011年9月までの記録は旧「ゆうるりMon's Diary」に掲載しています。

最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
来訪者数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
facebook
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山科/毘沙門天

こんばんは、モモの飼い主chaki(モン母)です。

 

00

 

今日は買い物に出るついでに、山科まで足を伸ばしました。

 

01

 

以前にも一度ご紹介したことのある山科/毘沙門天です。

すぐそばまで民家が来ているのですが、元は別荘地。

この門跡辺りは、俗世から隔離されたかのような雰囲気をまとっています。

 

03

 

斜度45度はあろうかという急な階段。

 

04

 

老後に備えて、モモも私も足腰を鍛えねばね。

 

05

 

 

06

動くふすま絵が有名ですよ(毘沙門堂) 、まだ見たことないんですけどね(^^;)

08_1 08_2

 

帰りもやっぱりこの階段を下ります。

 

09

 

モンさん、危ないからゆっくりね?

 

10

 

モンパパの絶叫が山科の最果てに響き渡る……

 

11

 

私が写真を撮ろうと先に降りてしまったので、余計に焦ってるんですね。

 

疎水端に向かう道で面白い看板発見。

 

12 12_2

「国鉄 京阪 山科駅」て、いつの話やねん?

 

また、あまり知られていないかもしれませんが、

山科は赤穂四十七士に縁の深い地でもあります。

大石良雄(内蔵助)は討ち入り前の1年と少しを山科で過ごしており、

大石神社や(新)大石道など地名にもその名残が見られます。

 

13_1 13_2

瑞光院。

内蔵助が建立した主君/浅野長矩公の墓や、赤穂義士46人の遺髪を埋葬した塔があるそうな。

 

さて、疎水べりの公園で、一瞬放牧したところ――

14

なにやら激しくにおいをかいでます。

 

15

 

モンパパに聞いたところによると、狸がいた模様。

そういえば、この辺り、ちょっと獣くさかったんですよね。

モモは大興奮です。

 

16

 

それがどうした……?

 

17

 

なにがそんなに楽しいんでしょうね?

 

18

 

どうやらモン母に報告に来てくれたようです。

ときどき「ええ子」やな、モモ?

即座に捕獲しました。

 

ほんのちょこっとの散歩でしたが、

車に乗ってお出かけ、というだけでテンションアップなモモでした。

 

19

 

いつもご来訪、ありがとうございます。

モンタン家、もりもり食べて、元気いっぱいです。

お返事、遅くなりますので、どうぞする~~~っとなで。

 

↓以下、ぶきっちょモン母の手芸コーナー。初のトートバッグです。

興味のある方のみ、続きをどうぞ♪

 

 

クリック、ありがとうございます♪

先日、ブログのお友だち、おっかあから「トートバッグ」なる言葉をいただきまして、

ふむ、果たしてそういうものが作れるのであろうか、と挑戦してみました。

ご笑覧くださいませ。

 

布は帆布11号です。

幅110cmを無駄なく使おうと思ったので、やたら長くなってしまいました(^^;)

あ、でも、実物の見た目はけっこう可愛いんですよ、ほんとですよ?

20 20_0 

中のもの(財布とか)が取り出しにくいと思ったので、前面にファスナーで開口部を作りました。

携帯ポケットは中にもあるんですが、やっぱり外にも要るよなあ、と急遽つけました。

 

20_1 20_2

定期を使うモン母としては背面ポケットは「譲れない部分」です。

21_2 21_1

中仕切りを入れて、内部を2つに区切ってます。写真右は中仕切りにつけたポケット。

(なんせ、深いもんで、こうしないと中がぐちゃぐちゃになるんではないかと)

 

はなはだしく不格好ですが、「作ったものは使う」がポリシーだし、

モン母としては全力を出し切ったので、

もうちょっと手直しして、実戦投入しますよ☆

ちなみに――まことに遺憾ながら

あまりにひどい出来映えなので、

現在モン母ショップでは「注文」を受け付けておりません(笑)。

でも、もう1回作ったら、絶対、絶対絶対この3倍は上手く作れると思うんやけどなあ……

 

ああ、次はメッセンジャーバッグ、作りたい(←帆布が残ってるんです)。

 

あとね、今回のポイントはね、コレ↓

22

 

みなさん、ご存じでした?

この金属のボタンみたいなやつね、「カシメ」って言うんだって(あ、当然ご存じですね)。

以前からモン母、これ使ってみたいなあ、と思いつつも、

付け方はおろか、名前すらわからず、半ば諦めていました。

でも、ふつうに手芸店で道具がそろうんですね。ハトメなら100均にも置いてるし。

こうなるともう裁縫じゃなくて「工作」ですよね、めちゃくちゃ楽しいです。

ただ「穴あける道具(ポンチって言うらしい)がないねん」てモンパパに言うと、

作ったらええやん」ってさっくり言うんですが。

作れるか、そんなもんっ、私をなんやと思てんのん(笑)!

(モンパパがそのうち直径7mmのポンチを作ってくれるそうです)。

厚い生地はどうしても折り返したところがちゃんと縫えなくて、

い~~~っとなってたんですが、これで補強できるのもありがたいです。

そもそも、この年になって「自分にはまったく無縁だったはずの新しいなにか」が

生活に加わってくるのが、大げさなようだけど、新鮮な驚きです。

うーん、ますます大げさだけれど、生きてるって楽しいなあ。

自分がいかにものを知らずに暮らしてきたかを再認識です。

長々と書き連ねましたが、最後まで読んでくださった方、

いつもありがとうございます♪♪♪

モン母のぶきっちょ修行はこれからも続きます。

もしよかったら、また覗きに来てくださいね。

 

PS.ミシン買うとき「どうせ、ばぁばしか使わへんのやし、いっちばん安いのでええやん」とか

いけずなこと言った自分が悔やまれる。

カメラ(デジイチ)と一緒やなあ、と思った次第。

Comment

No title

3倍上手になったやつを一つ ちゅうーもんしよっと(@⌒ο⌒@)b

「ひっひふう~」て ラマーズ法登りやねプププッ (*^m^)o==3

キィルティング

先日私もあまりに可愛いキィルティング見つけてたんで
何も考えず購入したよ
まだ生地のままだけど・・・
何になるんだろう?
トートバッグもええなあ
考えてるうちが花やろか?
理想が高くて技術が伴わない気がして・・・
ミシンはあるよ・・・
ちょっと古いけど
また何か出来上がればお披露目します
いつになるかわからんけど

コメント、ありがとうございます。

☆おっかあさん
 お返事大変遅くなりました。

 頑張って練習するからね、
 10年くらい経ったら、注文受付けまーす、待っててね?

 ラマーズ法、突っ込んでくれてありがとー(笑)!

☆京都のココママさん
 お返事大変遅くなりました。

 わはは、どうもモン母の手作りが不器用すぎて、
 あちこちで「お手本見せたげなあかんな」って思われる気がする(笑)。

 どうですか、作る物決まりました?
 できあがり、楽しみにしてますねー。

 キルティング地はもちろんピンクかな?
 裁縫って最初はけっこう材料費かかるのね………
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。