プロフィール

chaki

Author:chaki
2006年8月28日生まれのゴールデン(♀)「モモ」の日常をつづります。
2011年9月までの記録は旧「ゆうるりMon's Diary」に掲載しています。

最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
来訪者数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
facebook
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とのばな6-2

たまにモモブログを乗っ取るアイドル話。

力いっぱい、くだらない記事です。

時間をもてあまし、かつ海のごとく広い心をおもちの方のみ、

つづきをご覧くださいませ。

本日のネタは「2012年○沢○舞伎」DVD。

ちょっと愚痴っぽいです(これだから年寄りはやーねー(^^;))

 

 


 

いつもこの与太話にクリックありがとうございます。

やっと2012年の「滝○歌○伎」のDVD、見終わりましたので、その感想をば。

最初にお断りしたとおり、今日は書く前から「愚痴にはじまり、愚痴に終わる」予感。

毎度のことですが、先に謝っておこう、ごめんなさいm(_ _)m

 

この舞台は第一幕と第二幕に分かれています。

まずは、日本の英雄を紹介する第一幕から。

 

♪第一幕――日本の英雄たち

殿の早変わりが見所です。

年代順を無視して紹介していきますね。

↓義経

001

↓頼朝

002

ほかにも弁慶とか、めまぐるしく入れ替わって、見応えあります。

 

↓芹沢鴨(新撰組)

003

 

↓沖田総司(殿)による芹沢暗殺

004

これ、五条の橋の上っぽいけど、でもって、暗殺どころか思いっきり辻斬りやけど(笑)、

まっ、いいや。舞台だしね、じっさい、早変わりはたいしたもんだし。

 

↓ つづいて織田信長

004_1

ちゃんと最期に幸若舞の敦盛もやりますよ(「人間五十年、下天(化天)のうちにくらぶれば」…ってアレね)。

と、この辺りまでは寛大なわたくし……

 

しかし、ちょっと「ん?」と思うところもある。

忠臣蔵、松の廊下の後で。

↓舞台奥:浅野内匠頭 手前:吉良上野介

005

 

はい?

上野介、内匠頭を斬首してますか????

それはあかんて、後々大問題やて?

せめて静かに切腹、させたげて!

 

早々とぶっちゃけますと、この舞台、出演者が「若い」。

008

 

007

 

006

 

これじゃ、まるで学芸会です。

一人一人をみれば、歌のものすごく上手な子、ダンスの上手い子、いっぱいいます。

けれど、みんな、気持ちがね、「殿に褒めてもらうこと、失敗しないこと」にしか向いてない。

それ、あかんよね?

きみらが魅せるべきは、お金払うて見に来てくれた観客、DVD買うてくれたお客さんであるべきやんね?

別にきみらの「頑張った成果」を見にいってるんちゃうねん。

完成された舞台にお金、払うてるねん。

 

上の忠臣蔵のシーンも、間違えずに台詞を言うのでせいいっぱい、どうしても早口になる。

一人が1つの場面をもちきれないために、ああいうとんでもない「掟破り」になったんではないかと。

 

ちなみに2008年○沢演舞場での同じシーン ↓

asano

○ッツーが美しくも静謐な切腹シーンを一人で演じきりました。

 

思えば、この頃はKMF2やABC-○ががっちりと舞台を支えてくれて、なんと恵まれてたことか。

(いまでも2008年演舞○DVDの義経は秀逸だったと思っています)

どんな仕事でも同じだと思うのだけれど。

ワントップ、上下関係のみのなか、なにかを作るのは、本当に大変だ。

 

多少の先輩後輩はあっても横並び、対等な関係のなかでこそ

作り上げられるものがあるんだなあ、と。

 

2010年の歌舞○も、同期の○らっちがぎゅっと舞台を引き締めてくれてたね。

yara

 

話を元にもどして、松の廊下、内匠頭斬首(涙)の後。

06

相変わらず、これだれ? な登場をする「大石内蔵助」。

ほんま、なんで単身、吉良邸に突入するん(笑)? どんだけやんちゃさんなんだか、内蔵助。

07

 

ま、殿だから許す。

 

だがしかし。

chaki的にどうしても納得できないシーンが ↓こちら。

08

本能寺の変のあと(殿はいま豊臣秀吉)。

でね。

徳川家康が攻めてきた。淀君、早く本丸へ」(とかそんな台詞)

またまた、はい?

 

 

で、次のシーンが――

09

 

早変わりがすごいのはわかった。

しかし、あの、これって状況的には大阪夏の陣よね?

秀吉、生きてたんかい?!

 

舞台上の演出とはいえ、さすがに事実と乖離しすぎやろ、と

いったんDVD鑑賞を中断して頭を冷やしたchakiでした(^^;)

 

どうしてもこういうシーンがやりたかったなら、

なんで柴田勝家とお市の方にしいひんかったんやろ?

マイナーやから?

いや、それを言うなら芹沢鴨も充分マイナーやろ(笑)。

 

 

舞台の出来でいえば、群舞とか個々の演出は好きなんやけど、肝心の動きが不揃いだったり。

10

 

まね、殿もね。

ダンスも芝居も、歌さえも上手くはない。

正直、Jニアの子たちより下手だったりするんで、大きな声で文句は言えないんだが。

11

 

けど、殿はさすがに座長。

たとえ客席に背を向けていても、ちゃんとその空間を支配してる、と身びいきありで思う。

13

 

殿の出ているシーンとそうでないシーンとでは、場の掌握力がちがう、とこれも身びいきありありで思う

(この「身びいき」がなければ、とっくにヲタやめてますもんね(笑))

 

あー、愚痴やらなんやらで、長くなってきたので、またまたいったん切りますね、すみません。

最後まで読んでくださった方、いつもありがとうございます♪

さらにDVD鑑賞はつづく。愚痴は減らします(たぶん)!!

Comment

次は◯グザイルに出てもらお。キレッキレッのダンスでしめてくれはるよ(≧∇≦)

コメント、ありがとうございます♪

☆○っかあさん

 わはは、読んでくれてありがとー♪

 ○グザイル、そんなん出てもろたら、
 殿の居場所がなくなるやん……(笑)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。