プロフィール

chaki

Author:chaki
2006年8月28日生まれのゴールデン(♀)「モモ」の日常をつづります。
2011年9月までの記録は旧「ゆうるりMon's Diary」に掲載しています。

最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
来訪者数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
facebook
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

叱られますた……

こんばんは、モモの飼い主chaki(モン母)です。

 

01

 

つい先週までストーブのお世話になっていたのですが、

今日はいきなり夏日。

 

というわけで、モンパパが夏の準備をはじめました。

 

01_1

 

ゴーヤカーテンです。

ここ数年、あちこちで見かけるようになりましたね。

みなさん、あれ、どうされてるんでしょう?

いろいろお料理、工夫して、腐らすことなく召し上がっているんでしょうか?

 

モンパパがゴーヤカーテンを製作中、

モン母はモモのシャンプーを済ませました。

七分がた乾いたところで、庭に放牧すると――

 

02

 

なんか絡まってる、絡まってる!

 

03

 

モンパパ作業中のゴーヤ網に、ゴールデンが一匹かかってます。

 

もちろん、モンパパに「なにしてんねんっ!」ってモン母、モモともども叱られました。

 

04

 

そんなわけで、平和な休日満喫のモンタン家でした。

いつもご来訪、ありがとうございます♪

 

(↓以下、モン母の独り言です、高校時代の想い出なんぞ★)

 

昨日(5月11日(土))、小・中・高時代の友人が2人、遊びにきました。

友人Mは2011年の同窓会以来、何度かランチを一緒にしていますが、

友人Cは本当に本当に久しぶり。25年以上、会っていませんでした。

 

わが両親はなにを血迷ったか、なにを期待したのか、

この出来損ない娘を小・中・高一貫のミッションスクールに入れました(小3から編入)。

そのころ、我が家のある住宅地にはまだほとんど家がなく、

その上、学校が遠かったので、近所に友だちがいませんでした。

言ってみれば、この友人MとC(たち)がわたしにとっては「幼なじみ」。

ばぁばにとっても「懐かしい顔」です。

(今回、彼女らを呼んだ理由は、言い方はすごく悪いんですが

「ばぁばが元気なうちに会いに来て」でした)

 

ばぁばは前日から頑張って頑張って

筍寿司とお吸い物、飛竜頭の炊いたんを作り、

二人が来るのを待ちわびていました。

 

友人たちも母を見るなり

「わー、おかあさん!! ぜんぜん変わってはらへんねえ!」

と抱きつかんばかりに喜んでくれました。

 

(我が家の)屋根の上を走っておかあさんに叱られた、

学校までおかあさんの車で迎えにきてもらった、

おとうさんに琵琶湖に連れていってもらった――

母ともいっぱいいっぱい想い出話をしてくれました。

 

うー、思いだすと泣けてくる……

 

05

 

いろいろあって、道が分かれたり、

いったん連絡が途絶えると、次に連絡しづらくなったりで25年。

それでも、まちがいなくいちばん多感な時期をともに過ごした友人たち。

 

友人Mとは小・中学校時代、ほとんどどちらかの家に入り浸って遊んだ

(彼女は敬虔なカソリック教徒です)。

 

そのときどきで「いちばん仲の良い友だち」は変わっても、

友人Cは10年間、変わらずだれより「大切」な友人でした。

「小学校の教師になる」という幼いころからの夢を叶えた自慢の友人。

中・高時代、ひねくれて突っ張ってた私を、

心配しつつ、黙って見守ってくれてた友人。

 

学校も教師も宗教も大嫌い!

自分がうまく生きられないことをすべてそのせいにして、

ただただ反発してた。

 

で、具体的にはなにをしたかというと――教師(&授業)をいっさい無視した。

「授業聞かんでも、平均点以上取ったらええやろ。

教師も授業も私には必要ない」

なので、中学・高校時代のノート、1冊もありません。

 

いまならわかるねん、

ええ先生方に恵まれて、なにひとつ吸収してへんて、

ただの大損やんなあ………

 

しかも、この突っ張りと反発はわりと尾を引いて、

大学まで持ち込んでしまいました。

なので、その後通信教育で資格(教員免状)を取るはめになったりね。

ほんま、やり直せるものならやり直したい。

 

そのくせ、登下校時、正門のマリア像に向かって

「マリアさま、おはようございます」

「マリアさま、さようなら」を言いつづけた。

高校三年、卒業するまでず~~~っと、毎日毎日。

 

この告白は、めちゃくちゃ笑われました。

「そうやったんや、そこはまじめやったんや!」

そうなんです、

マリアさまにする挨拶と宗教に対する反発と、

私のなかではいっさい矛盾することなく同居してました。

可愛かったなあ。

 

なんでもっと早くに連絡しなかったんだろう、と思いつつ、

いまだからこそ、それだけの期間があいたからこそ

感動もひとしおなのかな、と思った一日でした。

Comment

No title

ばあばちゃんの飛竜頭の炊いたん 食べてみたいわぁ。久しぶりに飛竜頭って言葉に
感動したおっかあです。
chakiさん 昔はとんがってたんやね~。今はまある~いけどね~プププッ (*^m^)o==3
網にかかったモンちゃん 可愛かったよ(@⌒ο⌒@)b

No title

網に一匹かかったゴールデン(笑)
可愛過ぎて、涙・涙です。
私も釣りに行きたいというか、捕獲に伺いたいです(笑)

ばぁばちゃん、嬉しかったでしょうね。

私の母も、三姉妹の学校時代の友人をとっても憶えていて
信楽の○○ちゃんは元気か?
高槻の○○ちゃんはどうしたはんの?
名古屋の奧(名古屋の奧って・・・笑、といつも私が突っ込む)行かはった○○ちゃんは
時々京都に帰って来たはるんか?
○○ちゃんは、早ようにお母ちゃん亡くならはったなぁ。そやし、しっかりしたはったなぁ。
先生にならはった○○ちゃんは・・・?と
ご家族のことや、住まいや嫁ぎ先や職業まで忘れず、いつまでも気にかけていますから。
とんがって上手く馴染めない不器用な娘を心配しつつ
chakiさんにとって、これもかけがえのない時間なのだと
ご友人と共に、見守ってくださっていたのでしょうね(*^_^*)

コメント、ありがとうございます。

☆おっかあさま
 お返事遅くなりました。

 飛竜頭の炊いたん、送れへんし、もっていけへんしねえ。
 食べにきてくださいな。

 chakiさん、いや、そういう意味では昔からまる~~~かったよ(笑)。

 わーい、ゴルが網にかかった~~とふざけてたら、
 モンパパに叱られました(^^;)

☆koha*さん
 お返事遅くなりました。

 ぜひぜひ、大きな網をもって捕獲にいらしてください
 世界でン万番目に可愛いゴルがつかまりますよ♪

 離れているからこそわかる「思い」、ありますよね。
 母にしてみれば「こんないい友達がいてくれるなら大丈夫」
 という思いは強かったでしょうね。
 きっとkoha*さんのお母様も、
 お嬢さん方の青春時代とそのご友人は
 一つの同じアルバムのなかにしまわれているのでしょうね。

 一つ一つ年を重ねていくのは、
 いままで気づけなかったいろいろを教えてくれるので、
 悪いことばかりではないのかもしれません。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。