プロフィール

chaki

Author:chaki
2006年8月28日生まれのゴールデン(♀)「モモ」の日常をつづります。
2011年9月までの記録は旧「ゆうるりMon's Diary」に掲載しています。

最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
来訪者数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
facebook
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝手に親善大使―宇治田原―

こんばんは、モモの飼い主chaki(モン母)です。

 

01

 

今日は久々のお出かけです。

行き先は宇治田原町にある「永谷宗円翁生家」です。

 

02

 

とんでもない山ん中ですので、ただ緑の写真ばかりですが、

もしよろしければ、つづきは↓こちらでね?

 

 

以前の記事でもご紹介しました「永谷宗円」さんは「緑茶の祖」と言われています。

その方の生家が我が家から車で1時間弱のところにあると聞いたので、行ってきました。

しっかり場所も調べて、カーナビに電話番号も入れ、

乗用車一台がやっとこ通れる狭い道をずんどこずんどこ登っていきます。

しかし、いつまでたっても目的地が見えない。

しまいに、運転手モンパパは……

 

03

 

そんなん言われても、私もはじめての場所やし、カーナビはこっちやて言うてるし。

二人で不安を募らせながら、それでも進んでいくと。

 

10

 

山道のほぼどん突きに目的地発見、よかったー!
(先日、朝日新聞で紹介されて有名になったようですが、行かれる方、駐車場は1台入るか入らないかです。道もうんとうんと狭いです。ご注意を!)

 

09

 

ここは紫陽花がきれいだと聞いてきたのですが、ごらんのとおり、まだちょっと早かったですね
(なにしろ、山んなかなので寒い、気温が低い…(^^;))

 

04

 

それに加えて、鹿が紫陽花を食べるので、今年はうんと数が減ってしまったと聞きました。

 

05

ね(笑)。

 

土日は生家の中を見せてもらえます。

06

 

焙炉(ほいろ)の再現ですね。

ビデオも見られますよ。

 

07

 

永谷宗円が煎茶の祖であるかどうかについては諸説あるようですが、

ご一族の方々はその子孫であることに強い誇りをもって「歴史」を守っておられます。

 

08

 

いつもあるサービスかどうかはわかりませんが、美味しいお煎茶をいただきました
(ここでしか買えないお茶、モンパパがあまりにも気に入ったので購入いたしました 80g1000円)

紫陽花は少なかったけれど、とても気持ちのよい場所でした。

 

11

 

スタンプラリーで来ていた子どもたちとぱちり。

 

12

 

知る人ぞ知る、カメラ愛好者にはたまらない隠れた名所と聞きます。
素人ではどーも平板な絵にしかなりませんが。

 

12_1

 

すぐそばに、永谷宗円さんをまつった「茶宗明神社」があります。

宗円さんは、おそらく当時で言えば驚異的な98才という長寿でした。

茶商:山本屋 (現:山本山) が永谷宗円の煎茶を江戸に広めたことで

財をなした宗円さんは地元、宇治田原町の治水工事などを行い、

「干田大明神」と称されて、大変尊敬されていたのだそうです。

実際、宇治田原町には「茶業所」「製茶工場」が数え切れないほど並んでいます
(写真、撮り忘れた……)

 

13

梅雨の一日、薄曇りのお天気でしたが、一瞬、わずかに陽が差すと、モンパパが――

14

 

はいはい……(笑)

ほんまにモモが可愛いねんなあ、とほほえましくなりますね。

 

15

 

16

 

↓ よくわからない碑(汗)。 17

永谷園本舗と書いてあるので「お茶漬けの永谷園」のなにか? お茶の「永谷宗園」とは縁戚関係にあるそうです。

 

18

モモ、もうちょっと先行ってから、こっち向いて!

あ、もどってきたらあかんて、もどってきたら……

19

ほら、顔、真っ黒にしか写らへんやん(^_^;)

19_1

 

 

20

 

しばらくお留守番つづきだったモモ。

21

 

モンパパと一緒のお出かけで、ご機嫌。

 

22

 

よかったなー。

 

23

 

ほんとにねー、心配していたかゆみや脱毛も出ず、一安心です。

 

24

 

モンタン一家、みんな元気に過ごしています。

明日からまた雨模様の予報。

台風、豪雨、みなさま地方はご無事だったでしょうか。

くれぐれもお気をつけくださいね。

いつもご来訪、ありがとうございます。

Comment

初めて知りました!!

こんにちは!! 
宇治田原にそんなひっそりとした風情のあるところ・・・知りませんでした。大原や貴船のような
緑の濃さですね!!モンちゃんも森林浴ができたのでは・・・

石けん事件、本当にChakiさんも心配でしたね。元気なモンちゃんにもどって安心ですね!!

Chakiさんの京都弁ほんまになつかしいです!!丹後の山奥(福知山は関西弁ですが、それをすぎると丹後弁?)は「ここ、ほんまに京都府?ぜったいちゃうやろ、ぜんぜん関西弁とちゃうで!!」という感じです。なんだか、モンちゃんまで、関西弁でしゃべっているように見えるから不思議!!です。

コメント、ありがとうございます♪

☆クッキーママさん
 ね、ね、ここ、いいでしょ?
 私も近くに住みながら、まーったく知りませんでした。
 日本茶が見直されているいまだからこそ、注目されているのかもしれませんね。

 なんにもないと言えばそうなんですけれど、
 このきれいな緑だけでも見る価値ありますよね。
 桜や紅葉の季節もきれいでしょうね。
 ただ、あまり人気が出ると、
 この車一台がせいいっぱいの細い道路では大変なことになるでしょうね(^^;)

 あ、丹後にはまた独特の言葉がありますよね、
 あれも好きです、わたし。
 京都といっても広いですもんねー、
 西陣と伏見でも、またちょっとちがったりしますから。
 いつかお会いしたとき、いっぱい京都弁でおしゃべりしましょ♪
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。